50da55da154c7bbbd39bb71a95080a3a_s

 

今回のトピックは「しっかりとした大人の自我を持つ」についてです。

あなたは、交流分析、という心理学の一分野をご存じですか?

交流分析とは、アメリカの精神科医であったエリック・バーン博士によって、精神分析を土台にし、人間性心理学を取り入れて作られた、人の心と行動を快適にする心理学のことです。

この中で、エリック・バーン博士は、人間には、5つの自我状態があると、唱えました。その5つをこれから説明しますね。


1.CP(Critical Parent~批評的な親~)・・・世の中のルールや道徳観念、規則などを守ろうとする部分で、主に親からのしつけにより子どもに伝わる部分です。あなたの中にも、「こうあるべき」とか「こうすべき」とかいう心があるはずです。この部分があまり行き過ぎると、厳し過ぎてしまうことになります。

2.NP(Nurturing Parent~見守る親~)・・・受容、共感、面倒を見るというお母さん的な部分とでも言えるのでしょうか。優しい部分ですね。これがあまり強すぎると、「おせっかい」だとか「過干渉」だとか言われることになってしまいます。

3.A(Adult~大人~)・・・客観的で、冷静、論理的な部分です。情報を集め、分析して判断します。普段、交渉などで使う部分は、この部分となります。

4.FC(Free Child~自由な子ども~)・・・自由奔放、天真爛漫、感性が豊かな、自由な子どもの部分を指します。

5.AC(Adapted child~従順な子ども~)・・・周りとの協調性を考え、親の言うことに従ってきたゆえに出る部分のことを言います。「順応する子ども」「適応する子ども」という意味です。

人が生きていくためには、しっかりとしたA、つまりAdult(大人)の部分が十分に育っている必要がある、と言っています。そうすることで、自分の中の「FC」や「AC」のチャイルド(子ども)を適切にあやしていけるといいます。


それでは、しっかりとしたA、つまりAdult(大人)が育つためには、どうしたらよいのでしょうか?


私が学んだところでは、この自我状態を持つためには、大人(P)の自分が何を言おうが、子ども(C)の自分が何を言おうが、しっかりとした中立的、かつ客観的な、物事を一歩置いて考えらえるような状況を常日頃から作っておく、ということです。

アダルト(A)の大人の自我は、自分の中の親の自我の言うことを統制し、子どもの自我の言うことを抑制します。こうすることにより、バランスのとれた生活ができるのです。


例えば、友人と食事に行く、ということになったとします。あなたは、イタリアンが食べたい気分だったとします。ところが友人は、和食が食べたい、と言います。

P(親)のあなたは、「いつも私があなたの好みを優先しているのだから、今回はあなたが私の好みを優先すべきよ。」(CP)といった声が聞こえてくるかもしれません。

また、「そうよね。あなたは疲れているから、きっとお腹に優しい和食が良いのよね。」(NP)などと思うかもしれません。


はたまた、子ども(C)のあなたが顔を出し、「やだやだ~!今日は絶対イタリアンがいい!」(FC)とか、「はい、分かりました。あなたがそう言うのなら、あなたの言葉に従います」(AC)と言った声も聞こえるかもしれません。


ですが、最後に、この声全てを統制するのが、A(大人)の自我です。

「分かったわ。今日は、私はイタリアンを食べたいけど、あなたは和食がいいのね。今日はあなたの好みに合わせるけど、次回は私のチョイスにしてね。」と交渉するかもしれませんし、「そうしたら、イタリアンも和食も食べられそうな、創作料理のレストランに行かない?」などと誘うかもしれません。


P(親)やC(子ども)の声にコントロールされていたら、現実的な判断ができなくなるのです。そこで活躍するのが、A(大人)の自我なのです。

この大人(A)と子ども(C)、そして親(P)の3つの自我が自分の中にバランスよく持つことができたとき、自分の欲求を殺さず、なおかつ周りの意見も尊重して、「自分OK!相手OK!」となれる条件となってきます。


大人(A)の自我は、自身の言動をコントロールするのに、大変重要な役割を担います。この自我がしっかりとしていないと、仕事でも人間関係でもうまくいかなくなることが多いですよね。なぜって、客観性が足りないがために、独りよがりになったり、はたまた相手に合わせ過ぎたりしてしまうのですから。


また、カウンセリングでも、親(P)、特に批評的な親がよくクライアントの口から出てきます。自分を叱咤する声です。また、従順な子どもの声も聞こえてきます。親の言うことが正しく、それに従います、というような。

ですが、最後、成長するのを助けるのは、大人(A)の部分が大きい気がしています。大人(A)の自我は、自分を冷静に見られ、客観的な立ち位置に立って、自分の現状を把握することができるからです。


あなたは、PAC(親・大人・子ども)のバランスはうまく取れていますか?「エゴグラム」というものが開発されていますので、それを行うと、自分の中の5つの自我の状態が、見えてきたりもします。無料のものもありますので、気が向いたらやってみるとよいかもしれません。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「あなたの自己肯定感は高い?低い?1分間でチェック!」 ◆自己肯定感を測る自己診断ツールです。丁寧な回答が返ってきます。

「あなたの自己肯定感をアップ!無料メール講座」 ◆自己肯定感についての有益な情報や、自己肯定感を上げるための方法が満載です!


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

自己肯定感1分チェック

ワンコイン 60分対面自己肯定感アップ・カウンセリング

 


失ってしまった自信をどのようにして取り戻せるのか?
◆カウンセラー自身の壮絶なACとしての過去の体験についても触れながら、どのようにして自己肯定感を上げてきたのか、自信を取り戻してきたのかを、順を追って説明しています。とても読みやすいステップメールです。

キャリアも人生も成功したい人に贈る無料オンラインマガジン
◆仕事でも、人生でも、人間関係でも、お金でも成功したい人に贈るメールマガジンです。情報が満載の読み応えのあるメルマガです。

「あなたの自己肯定感をアップ!無料メール講座」
◆自己肯定感についての有益な情報や、自己肯定感を上げるための方法が満載です!最後に特典も付いています!

自己肯定感が高い人&低い人の22の法則
◆自己肯定感の高い人と低い人のそれぞれの特徴を解説しています。そして、なぜ、そうなるのか、についてもお伝えしています。読み終わった後、通常1万円の60分特別電話カウンセリングが無料で受けられます!