初めてカウンセリングを受けられる方へ

まず初めに、今「60分お試しカウンセリング」を実施しているのですが、
多くの方から、

「なんだか初めの一歩を踏み出すのが怖い。
カウンセリングって初めてだから、
自分と向き合うとなると尻込みしちゃうんです…。」

というご相談をいただいています。

基本的に、私はカウンセリングでは
時間が終わったからといって、
クライアントさんを突き放すことはしません。

最後まで寄り添います。

初めてお話しするときでも
思わず涙がこぼれてしまうことってありますよね。

それもきちんと受け止めます。

ありますよね。
自分ではもう乗り越えたと思ったことが
話すと同時に、感情が沸き上がってきて
泣いてしまうことって。

でもね。

私は泣くということを奨励しているのです。

「泣く」ということは、
気持ちの浄化(カタルシス)に繋がります。

ですので、たとえプログラムに入ったとしても
私はクライアントさんに

泣きたかったら遠慮せずに、
泣いてね、とお伝えしています。

相談したいけどなんか怖いな、
という人は、

いつでも私にお電話くださいね。^^

私という人を知ってもらえるだけでも
安心すると思いますので。

セッション中な折り返しとなりますが、
メッセージを残しておいてくだされば、
あらためます。

お電話は下記へお願いします。

齋藤携帯:090-6480-4598
(申し訳ありませんが、非通知の場合は電話に出られません。)

 

また、お試しカウンセリングは、下記よりお願いします。
(ネット・お電話でも行っています)

 

【お試し】60分自己肯定感アップ・カウンセリング

 

 

人生においてセルフケアはとても大切です

 

 

さて、今日のトピックは、

「心と体がしんどくなったら」

です。

 

ありますよね。
生きていたら、心がしんどくなるときって。

人から言われたこと、されたことに
傷ついたり、

何かの出来事で心が折れたり、凹んだり。

誰だってあります。

また、体も疲れてしんどくなることってあります。

心と体は一体ですので、
心がしんどくなったら、
体もしんどくなる人もいます。

その逆もしかりです。

そんなとき、必要なことって何だと思いますか?

それは、

「セルフケア」

です。

セルフケアとは、その名のごとく

セルフ(自分)ケア(お世話)

のことで、

自分へのお世話をすることです。

心と体がしんどくなったとき、
この「セルフケア」こそが、
あなたを救ってくれます。

あなたのセルフケアの方法って何ですか?

 

例えば、

お風呂にゆっくり入るとか

お笑い番組を観て、大笑いする、とか

ゆっくりお茶を飲むとか、

色々ありますよね。

 

私もあります。

今一番自分に合ったセルフケアの方法は、

◆瞑想すること

◆ゆっくり寝ること

です。

私の「向かうところ敵なし!」自己肯定感アップ・カウンセリング・プログラム
では、必ず、このセルフケアについて扱っていきます。

セルフケアって何?ということ、しっかりと理解していただくということ。

そして、自分に合ったセルフケアの方法を知っておいていただくということは、
人生において、とても大切な要素となってきます。

おそらく多くの人が、このセルフケアをせずに
生きているから、
人生、よりしんどくなるのです。

心も体も底に行ったな、と感じたときは
このセルフケアをするかしないかで
その後の、回復が全然違ってきます。

あなたも一緒にセルフケアについて考えてみませんか?

 

「60分お試しカウンセリング」は下記より。

【お試し】60分自己肯定感アップ・カウンセリング

 

 

それでは、今日も最後まで読んでくださり
ありがとうございました。

 

どうぞ素敵な一日をお過ごしください☆

 

 

自己肯定感1分チェック

【お試し】60分自己肯定感アップ・カウンセリング

 


失ってしまった自信をどのようにして取り戻せるのか?
◆カウンセラー自身の壮絶なACとしての過去の体験についても触れながら、どのようにして自己肯定感を上げてきたのか、自信を取り戻してきたのかを、順を追って説明しています。とても読みやすいステップメールです。

キャリアも人生も成功したい人に贈る無料オンラインマガジン
◆仕事でも、人生でも、人間関係でも、お金でも成功したい人に贈るメールマガジンです。情報が満載の読み応えのあるメルマガです。

「あなたの自己肯定感をアップ!無料メール講座」
◆自己肯定感についての有益な情報や、自己肯定感を上げるための方法が満載です!最後に特典も付いています!

自己肯定感が高い人&低い人の22の法則
◆自己肯定感の高い人と低い人のそれぞれの特徴を解説しています。そして、なぜ、そうなるのか、についてもお伝えしています。