自分の感じることにフォーカスすること

 

人は意外と自分の感情や感覚に、気持ちを向けていません。

自分の気持ちや、身体の状態に目を向け
それに対応していくことを

「セルフケア」(自分を大事にすること)

と言います。

なぜ、自分が感じることにフォーカスすることが大事かと言えば、

「次にどうするかが分かってくる」

からです。

 

例えば、今、交際中の人とうまくいっていないとします。

そんなとき、自分の「心」の状態はどうなのか、
「体」の状態はどうなのか、すこし
目を向けてあげることです。

そうすると、気持ちは別れたくないと言っている。
体もなんだかだるい感じがする。

「それじゃぁ、次に何をしよう!」

ここから、次へのステップが決まっていくのです。

もしかして、二人の間の問題を解決したい、と思い
行動に起こすかもしれません。

それは、自分がカウンセリングを通して、
自分自身のことを見つめ直したり、

もしかしたら、相手とじっくり向き合い、
話し合いたいと思うかもしれません。

要は、自分が感じていることを注意深く見守ってあげる、

ということです。

 

 

自分の感じることに注意を向けるのが難しい方へ

 

 

ただ、普段私たちは忙しく暮らしていて、
中々自分の感情や体の状態に触れたりする
機会を取れません。

そんなときは、

【フォーカシング】

がお薦めです。

【フォーカシング】とは、私がカウンセリングの
最中に使わせていただく手法の一つですが、

目を閉じていただき、
それから深く呼吸をしていただき、
体をリラックスしていただきます。

ここまでも、ここからも、
ずっと私が誘導させていただきます。

そして、

自分の「心の声」と「体の声」に
耳を傾けるのです。

すると、思う以上に、
自分の心の声を感知できたり、

体の声を察知できたりします。

このフォーカシングをすると
泣く方がたまにいらっしゃいます。

うれし涙だそうです。

普段、自分の心や体の声を聴いた経験がなくて、
初めて、または久しぶりに聴くときに
感極まって涙が出るそうなのです。

すると、次にどうしていこう、

と自然と「自分の中から」答えが出るようになります。

 

もう一つは瞑想です。

瞑想も自分と対峙していきますので、
自分の心の声や体の声を聴くのに
適しています。

ちなみに、私はほぼ毎日瞑想をしています。

週末、仕事がないときは
瞑想センターまで行き、
皆と瞑想をしています。

そんなとき、
はっとしたアイデアが浮いてきたりします。
それが、私の行動の源となる場合もあります。

 

格安お試しセッションで、「フォーカシング」を体験してみませんか?

 

さて、この【フォーカシング】ですが、
もしご体験なさりたかったら、
是非、私の

「60分お試しカウンセリング」

を受けてみてください。

継続的にカウンセリングを受けてみたい、
という方を対象としたセッションとなっております。

どうぞ躊躇せずに、
お気軽にお申込みください。

詳細・お申込みは、こちら、もしくは下記からお願いします。

 

【お試し】60分自己肯定感アップ・カウンセリング

 

2018年4月15日(日)10-17時まで
東京で行われるワークショップ、
ついに残席1名様となりました!

(限定6名様です)

 

参加者の皆さま、ありがとうございました!

あと、1名様ですので、
迷われている方は、どうぞちゅうちょせず
お申込みくださいませ!

今のところ、参加者は、皆、素敵な方たちばかりです!

グループの中で学ぶこともありますよ☆

今後、増席はしません。

詳細・お申込みは こちら よりお願いします。

 

それでは、今日も最後まで読んでくださり、
ありがとうございました。

どうぞ素敵な一日をお過ごしください!

 

 

 

自己肯定感1分チェック

【お試し】60分自己肯定感アップ・カウンセリング

 


失ってしまった自信をどのようにして取り戻せるのか?
◆カウンセラー自身の壮絶なACとしての過去の体験についても触れながら、どのようにして自己肯定感を上げてきたのか、自信を取り戻してきたのかを、順を追って説明しています。とても読みやすいステップメールです。

キャリアも人生も成功したい人に贈る無料オンラインマガジン
◆仕事でも、人生でも、人間関係でも、お金でも成功したい人に贈るメールマガジンです。情報が満載の読み応えのあるメルマガです。

「あなたの自己肯定感をアップ!無料メール講座」
◆自己肯定感についての有益な情報や、自己肯定感を上げるための方法が満載です!最後に特典も付いています!

自己肯定感が高い人&低い人の22の法則
◆自己肯定感の高い人と低い人のそれぞれの特徴を解説しています。そして、なぜ、そうなるのか、についてもお伝えしています。