実は、この週末、「カウンセリングマインド」を学びに
鎌倉まで、合宿に行ってきました。

講師は、カウンセラー歴30年以上のベテラン・カウンセラー。
おまけに、アメリカのネイティブ・インディアンと
長年暮らした経験があり、
今でも気が向けば1年ほど、一緒に暮らしているとか。

もう家族みたいなものなんですって。

そういった異色の講師を迎えての、
今回の講座だっただけに、
とても意義深いものでした。

この講座に出て、
より一層、クライアントさんに貢献できるような
確信が持てました。

後々、この話はもう少しさせていただきますね。^^

 

軸足、ぶれてない?

さて、今日のトピックは、

「軸足、ぶれてない?」

です。

 

自己肯定感の低い人は、軸足、
つまり自分の「核」となる部分が
ぶれてしまう傾向があります。

それは、自分の考えだったり、
意見だったり、態度だったり…

ここがぶれてしまうと、
周りの人から見ると、

「この人は、一体何を考えているのだろう…?」

といぶかしがられることになります。

なぜ、軸足がぶれるのかというと

【自分という存在に、確信が持てないから】

です。

これはどういうことかというと、
自分そのものを信頼していない、

とも言い換えられるかもしれません。

自分に確信が持てないから、
自分を信頼できないから、

ついつい周りの人の意見に
流されてしまったり、
周りの反応に敏感になってしまって、
究極をいくと、周りと合わせようとしてしまいます。

こんな状態だと、
自分でも心にいつも不安定さを抱えていますし、
周りにもそれが伝わります。

すると人間関係にも影響を及ぼしてくるかもしれません。

また、自分の仕事にも影響を及ぼす場合もあります。

軸足がぶれていると、
すぐに、こけそうになったり、
足がしどろもどろになったりするのと同じです。

しっかりとした自分の軸足で立つ、
じっかりとした自分の「核」を持つ。

これが、自己肯定感を上げていくということです。

 

クライアントと共にいる

さて、先ほどのカウンセリング・マインドの講座で
一番強烈に心に残ったこと。

それは、

「BE WITH」

という言葉です。

【クライアントさんと共にいる】

ということです。

でも、これが本当に出来ているカウンセラーって
一体何人いるのだろう…?

と思います。

本当の意味で、
その人に寄り添い、
ただただそこに共にいる。

 

そして、もう一つ。

「共感的理解」

これは、

「クライアントの心の世界を
あたかも自分自身のことであるかのように
感じ取る在り方」

のことです。

正直、この2つが、
カウンセリングにおいて
技法より何より大切で、
カウンセラーにとって、
必要な要素なのではないか、と思います。

私は、ここを深く、強く学んできて、
更に飛躍したカウンセラーになれると信じています。

本当に、クライアントさんのことを
深く理解してあげることこそ、
クライアントさんの救いになるからです。

 

ワンコインで60分のカウンセリングしてみませんか?

そんな私と、ワンコイン60分のお試しカウンセリング してみませんか?

申し込み期限は、あと3日。
11月30日(木)までとなります。
(ご予約日は、12月以降でも構いません。)

齋藤の「向かうところ敵なし!」自己肯定感アップ・カウンセリング・プログラム
ご興味のおありの方で、
その前に一度体験してみたい、
という方が対象です。

もちろんセッションの後、
合わないな、と思ったら断っていただいても結構です。

もし、ご興味がおありであれば、
是非、あなたからのお申込み
お待ちしています。

詳細・お申込みは こちら からお願いします。


それでは、今日も素敵な一日をお過ごしください☆

 

 

自己肯定感1分チェック

【お試し】60分自己肯定感アップ・カウンセリング

 


失ってしまった自信をどのようにして取り戻せるのか?
◆カウンセラー自身の壮絶なACとしての過去の体験についても触れながら、どのようにして自己肯定感を上げてきたのか、自信を取り戻してきたのかを、順を追って説明しています。とても読みやすいステップメールです。

キャリアも人生も成功したい人に贈る無料オンラインマガジン
◆仕事でも、人生でも、人間関係でも、お金でも成功したい人に贈るメールマガジンです。情報が満載の読み応えのあるメルマガです。

「あなたの自己肯定感をアップ!無料メール講座」
◆自己肯定感についての有益な情報や、自己肯定感を上げるための方法が満載です!最後に特典も付いています!

自己肯定感が高い人&低い人の22の法則
◆自己肯定感の高い人と低い人のそれぞれの特徴を解説しています。そして、なぜ、そうなるのか、についてもお伝えしています。