子どもを愛していない親などいない

 

 

私のカウンセリングセッションに来られる方は、
様々な悩みを抱えていらっしゃいますが、
彼らに共通しているのは、

「自己肯定感が低いこと」

なんです。

 

これは、養育環境に帰するところが大きい、と
私は考えています。

 

一言で「子育て」といっても、
子どもを育てるということは、
とても大変なこと。

 

知恵も要れば、勉強も必要、
感受性や、子どもにとって必要なマインドも必要です。

 

中でも大切なのは、
親のメンタル・ヘルス
なのです。




でも、親が精神的に安定していて、
課題は大分解決されている、
という人は、ほとんどいないといっていいでしょう。


だから、子どもが問題を持つことが多くなるのです。

 

 

そして、一点、共通していることがあります。

 

それは、クライアントさんが、

「自分は親(特に母親)に愛されていなかった

 

という誤った思い込みです。

 

 

それゆえに、苦しい道を進むことになるのですが、
これは、間違っています。

 

なぜなら、子どもを愛していない親などいない、
ということです。

 

確かに稀に、子どもを虐待したり、
殺してしまったりする親もいます。



ただ、こういう人達は、
精神的にかなりクレイジーで、
普通ではありません。

 

かなりの精神的ケアが必要な状態なのにも関わらず、
子どもを産み、
虐待し、
子どもにとっては、非常に迷惑な話です。

 

子どもを愛していない親などいません。

 

愛し方は人それぞれかもしれませんが、
または、愛し方は不器用だったかもしれませんが、
必ずあなたの親は、あなたを愛していたはずです。




母親は、命がけで、子どもを産みます。



私も、妊娠しているとき、夫に

「もし、出産中何かあったら、私のことはいいから、子どもの命を優先して」

とお願いしたことがあります。

 

 

そして、2度の出産体験。

本当に「死」さえも意識するほど、
壮絶なものでした。

 

そんな壮絶な思いをして産んだ我が子を
可愛くない親などいないのです。

 


でも大抵の親子関係では、
何か、不必要な糸がからみあってしまい、
「私は/僕は愛されていない」

と誤解してしまっているのです。

 

 

私は何人、何百人、何千人もの
クライアントさんのからみあった糸をほどいて、
親子関係を修復してきました。

 

子どもが親を、そして親の人生を尊重し、
親に愛されているという確固たる自信を持ったとき、
本当の意味での
「自己肯定感」が確立され、
自信を持って生きられるようになるのです。

 

今日も最後まで読んでいただき、
ありがとうございました。


どうぞ素敵な一日をお過ごしくください☆彡

 

 

 

 

電話カウンセリング始めます!

 

 

このコロナ禍、なかなか人と接触をしたくない人のために、
電話カウンセリングを始めることにしました。

コロナで鬱々している人、
自己肯定感に課題のある方、
お悩みのある方、

どんなご相談にも応じます。

50分・6,000円で、電話料金は当方が負担しますので、安心です。

延長もでき、10分毎に1,000円となります。

気持ちが向いたら、是非、お申込みください。


【お申込み窓口】

https://selfesteem.jp/contact/request/


*必ずコメント欄に「電話カウンセリング希望」とお書きください。
 
 

 

 

自己肯定感1分チェック

30分 無料電話カウンセリング

電話カウンセリング

withコロナ・カウンセリング

カウンセラーからのメッセージ


失ってしまった自信をどのようにして取り戻せるのか?
◆カウンセラー自身の壮絶なACとしての過去の体験についても触れながら、どのようにして自己肯定感を上げてきたのか、自信を取り戻してきたのかを、順を追って説明しています。とても読みやすいステップメールです。

キャリアも人生も成功したい人に贈る無料オンラインマガジン
◆仕事でも、人生でも、人間関係でも、お金でも成功したい人に贈るメールマガジンです。情報が満載の読み応えのあるメルマガです。

「自己肯定感を上げる7つの方法」
◆自己肯定感についての有益な情報や、自己肯定感を上げるための方法が満載です!最後に特典も付いています!