今回のトピックは、「死ぬ間際に感じる5つの後悔とは」についてです。

うむむ…。今日はなんだか、とても意味深なトピックですね。ちょっといつもと音色が違いますね。


今日、ある方の勉強会に参加して聞いたことで、「これは自己肯定感のテーマと結びつく!」と感じたので、皆さんにもシェアさせていただきますね。^^



末期の患者さん、余命たった3〜12週間の人たちが中心の、苦痛緩和治療を施す施設にて長年働いた看護師、ボニー・ウェアさんが、死ぬ間際の方たちから、まさに【人生で後悔したこと】を頻繁に聞かされていたそうです。

彼女によると人間が亡くなる際に悔やむことは次の5つが多いそうです。



1.「周囲の期待に沿うのではなく、自分らしく生きればよかった」

この言葉は、ボニーさんが看護した患者の中で最も頻繁に聞かされたものでした。

人の期待に沿うためでなく、自分に正直に生きればよかった、と後悔されるそうです。

でも、これって、自己肯定感が高いと、あまり思わないことだと思うのです。

なぜなら、自己肯定感が高い人は、周囲の期待より、自分が何をしたいか、によって行動していくからです。

自己肯定感が低い人は、自分の意思より、周りがどう思うか、に振り回されがちです。

でも、そうしていると、人生の最後に、とても後悔するようになるそうです。



2.「あんなに働くべきではなかった。」

自分のために働くことは、良いことです。もちろん経済的に自立している必要がありますので、働くということは何ら悪いことでもありません。

ですが、そのバランスが問題なのです。

働く、ということと、遊ぶ(休む)ということのバランスを、あなたはちゃんと取っていますか?

働き過ぎると、自分の大切な人たち、例えば、パートナーとか、子どもとか、親とか、友達とか、そういった人たちと過ごす時間が、圧倒的に少なくなってしまいます。

すると、死ぬ間際に後悔してしまうということです。

ですが、自己肯定感が高い人は、自分の人生での優先順位をよく理解しているので、このような後悔はあまりないのではないか、と感じます。

自分の大切なものを、大切にできて、はじめて、幸福感が身に染みて分かるからです。

もし、「あ、ちょっと働きすぎたな。」と感じたら、自分にご褒美の意味で、遊ぶ時間、リラックスする時間、休む時間を、きちんと与えてあげましょう。^^



3.「自分の感情を表現する勇気を持つべきだった」

自分の感情を表現することは、とても健康的なことです。

そして、自分の意見や考えを、周りや相手に正直に伝えることも、これまた肝要。

自己肯定感が高い人は、これができるのです。

ですが、自己肯定感が低いと、周りや相手のことを気にしすぎてしまい、

ついには、「自分OKでない」行動に出てしまいます。

そのため、自分の感情を押し殺したり、自分の言いたいことを抑制してしまいます。

そういったことが、死ぬ間際に後悔することの一つになるとすれば、きちんと自分のことを大切にしていきたいですよね。

あなたはいかがですか?

周囲を気にして、自分のことをきちんと相手に伝えていますか?それとも伝えていませんか?

自分の感情を、ちゃんと表現していますか?

 


4.「友人をもっと大切にするべきだった。」

私は、最期に残るのは、「愛」なのだと信じています。

この「愛」の中に、友情もあります。

友人と繋がっていて、時々会って、交流していると、なんだか豊かな気分になったりしませんか?

友達って、ついついなれ合いがあって、ないがしろにしてしまいがちかもしれません。

でも、私は、どんなに忙しくても、友人と会う時間は、1カ月に最低1日は取るようにしています。

そして、それら友達たちに、「あなたのことが大切です。」と様々な形で伝えています。

これも、自己肯定感が高くないとできないことです。なぜなら、相手の反応は予測できないからです。

あなたはいかがですか?

 


5.「もっと自分を幸せにしてあげればよかった。」

これは、完全に自己肯定感と一致していることですね。


自分を大切にする=自分を幸せにする


ということです。

自己肯定感が高い人は、自分を大切にすることを忘れません。

セルフケアをしっかりとし、まずは、自分を幸せにすることからスタートします。


ところが、自己肯定感が低い人は、自分のことはおざなりです。

周りの反応ばかり、気になっているせいかもしれません。


自分に正直に生きていれば、自分を弱さも含めて丸ごと受け入れていれば、幸せに生きられるのです。



だから、自己肯定感が高い人は、上記の5つのような後悔を、おそらくしないと思うのです。

少なくとも、私は、おそらくしないと思います。

あなたはどうですか?

死ぬ間際に後悔しそうなこと、ありますか?

もしあったのなら、それは、あなたの自己肯定感と直結していることかも。

今からでも遅くないので、ご自身の自己肯定感と向き合ってみるのもよいかもしれませんね。


ただ、働きすぎには注意しなくちゃ!と改めて思い知らされた一日でしたけどね(笑)。

 

今日も最後まで読んでくださり、ありがとうございました。

また近々、ブログ発行しますね。

楽しみにしていてくださったら、こんな嬉しいことはありません。


それでは、今日も素敵な一日をお過ごしください。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「あなたの自己肯定感は高い?低い?1分間でチェック!」 ◆自己肯定感を測る自己診断ツールです。丁寧な回答が返ってきます。

キャリアも人生も成功したい人に贈る無料オンラインマガジン ◆仕事でも、人生でも、人間関係でも、お金でも成功したい人に贈るメールマガジンです。情報が満載の読み応えのあるメルマガです。

「あなたの自己肯定感をアップ!無料メール講座」 ◆自己肯定感についての有益な情報や、自己肯定感を上げるための方法が満載です!

自己肯定感が高い人&低い人の22の法則 ◆自己肯定感の高い人と低い人のそれぞれの特徴を解説しています。そして、なぜ、そうなるのか、についてもお伝えしています。読み終わった後、通常1万円の60分特別電話カウンセリングが無料で受けられます!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

自己肯定感1分チェック

ワンコイン 60分対面自己肯定感アップ・カウンセリング

 


失ってしまった自信をどのようにして取り戻せるのか?
◆カウンセラー自身の壮絶なACとしての過去の体験についても触れながら、どのようにして自己肯定感を上げてきたのか、自信を取り戻してきたのかを、順を追って説明しています。とても読みやすいステップメールです。

キャリアも人生も成功したい人に贈る無料オンラインマガジン
◆仕事でも、人生でも、人間関係でも、お金でも成功したい人に贈るメールマガジンです。情報が満載の読み応えのあるメルマガです。

「あなたの自己肯定感をアップ!無料メール講座」
◆自己肯定感についての有益な情報や、自己肯定感を上げるための方法が満載です!最後に特典も付いています!

自己肯定感が高い人&低い人の22の法則
◆自己肯定感の高い人と低い人のそれぞれの特徴を解説しています。そして、なぜ、そうなるのか、についてもお伝えしています。読み終わった後、通常1万円の60分特別電話カウンセリングが無料で受けられます!